ホーム > 製品案内 > WEB認証

製品案内


>>ソフトウエア
  プロテクション
>>WEB認証
>>PCロック


>>ターミナル
  サーバー認証
製品価格

WEB認証プロテクトキー製品案内
貴社のWEBサイトは大丈夫ですか?パスワード認証より遥かに安全!USBキーによるユーザー認証を実現します
ウェブ認証システム
この製品はWEBにおけるユーザー認証をUSBキーで実現するためのシステムです。WEBサーバーに登録済みのUSBキーがクライアントPCに装着されていなければ、認証が必要なドメインへアクセス不可となります。 USBキーの照合に成功すると、PINコードを入力するだけで認証が完了します。
▲ 

Basic認証の様なユーザー名/パスワードを使用したログイン方式に代り、USBキーを利用したより安全なユーザー認証システムを導入出来ます。
▲ 

USBキーの接続と同時に既定ブラウザを自動起動させて、指定URLを表示する事も可能です。
▲  PINコードを設定する事によって、安全性を更に向上させています。
▲ 

USBキー本体にはユーザー情報を保存せず、利用可能なUSBキーをWEBサーバー側で統括管理します。
 PHPのBasic認証等では、ユーザー名/パスワードの照合によってログイン認証を行いますが、 入力の煩わしさを感じる方は少なくないはずです。
その為、ブラウザの自動入力機能やロボフォーム等のパスワード管理ソフト を使用して入力を自動化している場合が殆どです。
パスワードの自動入力機能は非常に便利ですが、第三者による不正使用やパスワードの漏洩という問題も無視出来ません。

 また、会員制のWEBサービスを提供する有料サイトの場合、悪意のあるユーザーによってユーザー名/パスワードが複数人に 共有されてしまうと、サービスの不正利用を防ぐ事が非常に困難になります。
WEB制作会社にとっては、収益の減少に繋がってしまうという訳です。 Matrix Secure WEB-Logonシステムは、WEBユーザー(クライアント)に対する利便性とWEB提供元(制作会社)におけるユーザー管理の簡易性という両極面において 最高のパフォーマンスを発揮出来る商品です。

 WEB制作会社は、ユーザーへ配布したUSBキー接続端末以外の不正アクセスを完全に遮断する事が可能になります。 また、それぞれのUSBキーからのアクセス履歴を把握する事も可能です。 最近では、より高度で完璧なセキュリティ体制を求められる銀行系のネットバンキング等でも、USBキーを用いたSecure WEB-Logonシステムが多数採用されています。 関連製品のWindows認証システム(PCロック)やWindowsサーバー認証システムと併用すると、PCロックとサーバー認証を1つのキーで統括する事も出来ます。
USBキーを使用したWEB認証の利用例
▼  有料制会員サイトにおける商品販売・情報提供等のWEBサービス
▼  ブラウザを利用したASP方式のアプリケーション
▼  グループウエア等の社内情報共有サービス
▼  銀行系のネットバンキングシステム
対応OS
▼ 

対応WEBサーバー;PHP 4.x以上がインストールされたLinuxやWindows
クライアント対応OS;Windows 7/8.1/10
※ 

WEBサーバー側に認証ソフトウエアを設置し、認証ページにアクセスするクライアントマシンでは、USBデバイスとのデータ送受信を行う常駐アプリを実行する必要有
Matrix WEB認証のメカニズム
WEBサーバー側にUSBキーによるログオン認証ページを設置し、認証リクエストを処理するソースコードを準備しておきます。
クライアント側では、認証ページからのリクエストに応答する形で予め接続されたUSBキーの情報を取得し、サーバーがその情報を確認する事によって認証が行われます。
◆ 

WEBサーバーにはUSBキーの情報をユーザー情報に対応させたデータベースをインサートしておきます。
◆ 

WEBサーバー側で特定のUSBキー(クライアントマシン)の認証を無効にする事が出来ます。
◆  サーバークライアント間の通信は、秘密暗号鍵によって暗号化されています。
◆ 

USBキー情報の取得には、専用の常駐型アプリケーションを起動する必要があります。
◆ 

HTML、画像、PDF等へのアクセス制限機能はありません。これらの制限はApacheモジュール等を利用しWEBサーバー側で設定して下さい。
Copyright(C)2019 Applion,Inc. All Rights Reserved.